FC2ブログ
Home>  TotalPages40 next

ひさりぶりの里帰り(→空想の世界へ)

2020.05.04 Mon

ずっと放置したまま、ずっと気にはなりつつ、ずっと生活のバランスが取れずに、ずっと更新していなかったわけですが。
昨今の新型コロナで巣ごもり生活(どこにも行けないGW)になったので、ようやくこの世界に里帰り(?)できました。

自分の小説を読み返して、その世界で遊んでいると、ここが落ち着く場所なんだな、と思います。
日常生活で小説を書くことは難しくなっているけれど、とある団体のライターとして執筆することはあります。そこでの活動を、いつか小説にしたいよね、なんて話しているけれど実現するといいなー!

サイトにアップしていない小説のストックも、あるにはあるのだけれど。
ここ数日、「小説家になろう」への転載作業を進めています。
もう昔の読者さまはいないだろうけど、誰かの時間つぶしになって、さらに気に入ってもらえたら嬉しいと思って。

・・・・・・いやしかし、

どれもこれもやたらタイトルが長い、人気作品は異世界転生チート系多し!

で、びっくりしました。すっかり創作から離れていたせいで、まるで私が異世界転生した気分です。
タイトルで登場人物の紹介やストーリーを説明しちゃっている作品が多いけど、これを流行らせた人ってすごいなー。

作品の世界観を象徴して想像力を刺激するような言葉選びに苦労していたかつての私、涙目(笑)。
まあ、これも流行のひとつで、そのうち変化するのかもしれないですが。もしくは、そういうジャンルを確立するのかも?
(今でも“なろう系”と呼ばれるのは、主にこのジャンルのことかもしれないですが)

誰でも気軽に想像の世界を表現できて発表もできる場所があるのは、いいことですね。
こんな不安が多い時期だからこそ、現実逃避してもいいんじゃないかな。

テーマ:つぶやき - ジャンル:小説・文学

『蒼天の詩~いつか空の下~』更新

2017.06.04 Sun

前回の更新に続き、スタイルシートを修正しました。
読み返すと、これ書いていたときの文章の癖があるなぁ~と感じます。
情景描写は、ドイツを旅行した時の風景を参考にしたことを思い出してみたり。

『蒼天の詩~いつか空の下~』

「わかりやすい恋愛ファンタジー」とかのほうが、きっと分類的には人気があるのだろうけど、どうも私は、恋愛要素は多少あったとしても、「生き方」とか「心情」とか、そういうものを書きたい人なのでしょうね。
これに雰囲気の近い書きかけの小説を発掘したのだけど、やっぱり恋愛要素よりも家族愛に寄りがちというか、生き方があまり上手じゃない主人公が多い気がします。

こういうお話を書いていた時からずいぶん年月経ったけど、私、ちょっとは成長したのかしら~(汗)。

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

『遥かなる幸福の都』『天下無敵っ!』

2017.05.28 Sun

まったく気づかなかった……!? (゚△゚;ノ)ノ
以前のサイトからそのまま引っ越してアップロードしていたのだけど、先日、小説画面をみていたら、スタイルシートがまったく反映されていなかったのですね。
とくに、中編のほとんどが全滅。

取り急ぎ、『遥かなる幸福の都』と『天下無敵っ!』はスタイルシート修正しました。
『遥かなる~』は、番外編も見つけたのでこちらもアップ。
ほかの作品は、後日修正します。

『遥かなる幸福の都』

『天下無敵っ! ~桃井研究所の日常~』

テーマ:自作小説(ファンタジー) - ジャンル:小説・文学

昔と今、一周回ってスタート地点。

2017.05.23 Tue

先日、とあるパーティに参加させていただきました。
クリエイティブなお仕事をされている方々の交流会というか――プロの作家さんや漫画家さん、役者さんや声優さんといった方々もいらっしゃる集まりです。
ほんと、我ながら人脈には恵まれた人間なのです。友人に感謝☆

こういう場所に来ると、自分の価値を考えさせられます。
ずーっと前、いわゆる「意識高い系」の交流会に出入りしていた私は、そこで多くの人達と出会って名刺交換して、その中から頭角を現す人や消えていく人、有名人の側近であることに自分の価値を見出す人、利用し合う人、いっぱい見ました。

交換する名刺の数に意味はない!!

どんな人と出会って、その人にどんな価値を自分が提供できるか、なんですよね。
当時の私は、本業とは違うカラーセラピストとしての顔を表に出して、いろんな人と組んでセミナーを開催したり主催イベントを開いたり、その中で今につながる友人知人と出会ってきました。
意外なことに、「意識高い系」の場では、私の本業の会社の知名度や私が取得している仕事上の資格が、私という人間を保証してくれた感は否めません。

で、今回の場では???
私の本業はあまりにもジャンルが違いすぎて、「ふーん」で終了。
カラーセラピストとしての一面と、他では絶対に役に立たない隠れオタクの知識が、周りの皆さんと会話を続ける拠り所でした。
そして、「ただ好きで小説を書いている(た)」だけの私は、その道のプロの中では当然ながら無価値。ぎゃふん。
(アマチュアだけど、作品を好きだと言ってくれる方の言葉に身震いするほど喜んだり、何年たっても覚えていてくれる方のメッセージに感激したり、手厳しい指摘に落ち込んだり……そういう「感覚」は少しわかるだけに、自分が悔しいなぁ。)

名刺のバラマキは無意味、ということだけは過去の教訓が活かせました。
今回出会った何人かとは、お友達になれるかな。なれたらいいな。

その翌日、上記とは全く関係ない場で、zine(自費出版の雑誌)を創った女性と隣り合わせになり意気投合。
ふーむ。
創作からはどんどん離れていった10年だったのに、ここへ来て思いもよらず、そっち系の道に呼ばれているような気がする(笑)。

こっそり。

2017.05.07 Sun

ちょうどかれこれ1年ばかり、創作更新ストップしております。
PCを新しくしてから非常に調子が悪いことも、多少なりとも関係しておりますが。
去年はスリランカに一人旅したのに、そのことも旅行記に書いていなかったと今気づいたΣ(ω |||)
知恵熱出すくらいには、いろいろありすぎて、なかなかにハードな年でした。

今年は!(て、もう5月だけども)
新しいことにも挑戦しつつあるけども、きっとその分、一人の時間も恋しくなると思うので、できれば創作に戻りたいと思っています。
やり方や、HPの残し方とかは考え中だけども。

いやほんと……自分が大事にしたいことの優先順位を、ちゃんとつけられるようにならないといけませんね。